手ぬぐい&材料の説明

手ぬぐいの向きの説明

P5074349_2 『たて向きの柄』

P5074348_2

P5074350_2 『横向きの柄』

 

P5074352 『向きの無い柄』

手ぬぐいを広げた時、絵の向きがたてに長いか横の長いかが手ぬぐいによって違います。
ズボン、リュック、タンクトップは絵に向きがないものもしくは、たてに長くなっているもの(たて向き)を
使います。巾着はよこ向きを使って作ります。

 

 手芸材料の紹介

●手縫い用糸

P5074358

ミシン糸とは違いしっかりとしています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA p6166633_1280x960_2

いろいろなタイプの糸がありますが、私個人的にシャペスパンの「スパン手縫い糸」がおすすめです。絡みにくく縫いやすいです。
どこの手芸店にも置いてあります~。色も豊富にあり、糸巻きが板ではないので 糸が絡みづらいです。板に巻いていある糸は
折り目がついているので 最初にピンとはってから使いますがそれでも絡みやすいかなと思います。太すぎる糸も縫いにくいですね。

糸の色は手ぬぐい生地の上に置いてみて、できるだけ近い色を選んでください。
そうすると手芸苦手なママも縫い目の歪みなどほとんど気にせず縫えます。

本当は「糸の色見本」があれば糸1本と手ぬぐい生地を合わせると間違いないんですが お店に糸見本あるかな~sweat01
糸はかたまりで見るのと、1本にして見るのと色が違って見えるのでぜひ1本づつ合わせて近い色を選んでいただけたらなと思います。

●縫い針

hari_4
針はクロバーの縫い針「絆」の普通地用が本当に縫いやすいです。これもどこでも売ってあります。
もちろんお好みもあると思いますし、既にお気に入りをお持ちのかたは それをお使いください。
はじめてお裁縫道具揃えるかたや、今ちょっと縫いづらいなとお思いの方は ぜひ一度、針と糸を見直されることをおすすめします~。
針と糸を変えただけで数倍お裁縫上手になれますよ(#^.^#)

●かばん持ち手用テープ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

呼び名は色々ありますが、しっかりしいて幼稚園かばんの持ち手によく使われる 布のテープです。
25ミリ幅のものをお持ちください。

 

 

●バイアステープ(両折りタイプ)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タンクトップの袖回り、首回りを始末するのに使います。 両折れタイプをご用意ください(ふちどりタイプではない方です)

●長さ調節金具(送りカン)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リュックサックの持ち手の長さを調節するための金具です。 プラスチックでできていて色がカラフルなものが多いです。
手ぬぐいの色や持ち手テープの色に合わせてお好みでお選びください。 2個入りで販売されています。
25ミリ幅のテープが通るサイズのものをお持ちください。

 

○飾りボタン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

○スナップボタン
糸でぬいつけるタイプが使いやすいです。

 

 

作られるものに応じてご持参くださいますようお願いいたします。
わからないものがありましたら、いつでもご連絡ください。

 

縫い方のコツ

利き手をテーブルか何かに置いて手の位置を だいたい固定して、生地の方を動かして縫います。

すると縫い目が一定になりやすいです。

ぜひお試しください。